失敗しないためには | 低収入の人が起死回生するにはセクキャバとキャバが一番最適です
menu

失敗しないためには

麦わら帽子をかぶっている女性

キャバクラに入店する際には、まず面接を受けなければいけません。
つまり人によっては面接で落とされることも十分ありえます。
基本的に夜のお店の場合はその場で採用かどうか決まることが多いので、もしその場で決めてくれなかった場合は落とされたと思っておくのがいいでしょう。

では面接で落とされないようにするために重要なことをいくつか話しておきたいと思います。
まず面接をする際に気をつけるべきことは、もちろん身だしなみです。
あなたがキャバクラに入店したときの姿を面接官に想像させることが重要になるので、ちゃんと髪型やお化粧のセットをしてから臨むようにしましょう。
身だしなみをしっかりしていないとそれだけでだらしない人だという悪い印象を与えることになりますので注意してください。

そしてもうひとつ、毎月いくら欲しいのか?といった質問をされてしまう可能性があります。
つまり稼ぎたい金額を伝えればいいわけですが、実はこの質問についても答え方には注意しなければいけません。
それは、低すぎる金額をいわないようにすること。
たくさん稼いでいきたい!というアピールをする方が間違いなく印象はよくなりますので、できるだけ高めに設定しておくといいでしょう。
またできることなら、なぜそれだけのお金が必要なのか?といった具体的な理由も付け加えるようにしてください。
そうすればよりリアリティが出ますので、この子は本気なんだなという強い意志を伝えることができるようになります。

また他にもいろんな質問をされることがありますので、答える際には面接官の立場になったつもりで適切な回答とはなにか?を考えながら答えてほしいと思います。